オーナー様向け
暮らす
デザイン紹介

シエスタヴィラ/シエスタデュオの建築デザイン一挙ご紹介!(2020年版)

2020年10月17日 坂口 真理
デザイン
ドイツ
ギリシャ
アメリカ

こんにちは Twitter担当 坂口です。

当社は自社ブランドとしてSiesta Villa(シエスタヴィラ)、Siesta Duo(シエスタデュオ)を展開しております。

物件の正式名称は、例えば「Siesta Duo上石神井ArbolHaus(アルボルハウス)」など。

そうです。長いんです。
仲介会社さんも電話口で詰まることしばしば

今回は、自社ブランドの名称と外観デザインについてのお話です。
なぜ物件名がこんなに長いのか、その秘密を明かします!

ブランド名 × 物件所在地 × コンセプト = 物件名

物件の名前には要素3つが組み合わされており、長いように思えて意外と覚えやすかったりします。

Siesta Duo上石神井ArbolHausの例で言うと

  1. 「ブランド名」のSiesta Duo
  2. 「物件所在地」の上石神井
  3. 「コンセプト」のArbolHaus

他の物件でも似たような形で、例えば

Siesta Villa 代田橋El Pulblo(エルプエブロ)

Siesta Villa ひばりヶ丘BrickHaus (ブリックハウス)

のような感じです。

購入の際に選べる項目は?

当社のSiesta Villa、 Siesta Duoは、パッケージ商品になっており購入の際選べる項目が固定されています。

土地を既に持っていらっしゃるお客様の場合は、

  1. ブランドを Siesta Villa 、またはSiesta Duoから選ぶ
  2. コンセプトを選ぶ

この2点が決まると、入居者と場所のターゲットに合った内装仕様と設備を付属して完成です。

仕様は、不動産ネットワークを駆使した調査により競争力のある仕様を企画しております。
例えばSiesta Villaの標準仕様は、

約16㎡の1R

ターゲットは10代後半~20代の単身世帯

駅徒歩10分以内

シャワールーム

ブラインド

独立洗面台

など機能性重視のコンパクト設計です。

商品により細かい部分のカスタムができるものもございます。

コンセプトの種類はこれ!

コンセプトの紹介です!!

2020年9月現在開発されているコンセプトは、全部で4つ。

1. BrickHaus(ブリックハウス)

ニューヨークのブルックリン地区をイメージしたデザイン

ブロードウェイで有名なマンハッタンに位置する高級住宅街

芸術と文化の融合する都市でレンガ造りの住宅が目を引く

コチラ↓がSiesta Villa ひばりヶ丘BrickHaus(ブリックハウス)

レンガ調の外壁が特徴です

2. El Pueblo(エルプエブロ)

ドイツのフロイデンべルクをイメージしたデザイン

白と黒で統一された伝統的な木組みの家が整列した美しい街並み

モノトーンが作り出す独自の色彩が特徴

 

コチラ↓がSiesta Villa 代田橋El Pueblo(エルプエブロ)

3. ArbolHaus(アルボルハウス)

ワシントンのシアトル地区をイメージしたデザイン

水と山と緑に囲まれたエメラルドシティの愛称で知られる西海岸の街

おしゃれなカフェや雑貨店が点在

住みやすくいかに美しい景観を保てるかを重視した住宅街

 

コチラ↓がSiesta Duo 上石神井ArbolHaus(アルボルハウス)

4. Gresiare(グレシアーレ)

ギリシャのアテネ地区をイメージしたデザイン

白を基調とした気品ある外観に仕上げ、リゾートモダンがコンセプト

文化遺産と都市的建造物が混在した歴史の中心地

 

コチラ↓がSiesta Villa 東府中Gresiare(グレシアーレ)

コンセプト名に隠されたブランディング

それぞれのコンセプト、実は名前にブランディングが隠されています。

BrickHaus=Brick(レンガ)× Haus

Brickhouseだとブランディングが弱い!
ということでHausで英語と堅実なドイツ語の組み合わせ

El Pueblo=El Pueblo(その町)

「代田橋のS棟とN棟の街並み計画」と「フロイデンブルクの町を印象付ける」というところから命名

Gresiare

ギリシャコンセプトを印象付け、「Gresiare」と検索するとシエスタシリーズが出る唯一無二の命名

シリーズとコンセプトを想起させるような名前で、独自商品のブランディングをしております。

未来の新コンセプト

Siesta Villa、Siesta Duoを社内では通称「シエスタシリーズ」と呼んでいます。

今後新シリーズの制作も予定され、社内でも自由にコンセプト案、物件デザイン案などの募集が行われております。

「オーナー様と入居ターゲットの世代に合うデザインを考案する必要がある」と言われており、隙間時間にやるにはなかなか大変です・・
私は、5年後には1本新コンセプト案を目標に考案中です!

日生リビングシエスタは、オーナー様の資産運用に寄り添い入居者様の生活を守るため日々あたたかな営業に邁進してまいります。

シエスタシリーズとはこんな商品です

この記事を書いた人
坂口 真理
プロモーション事業部に所属しています。 “You Only Live Once;YOLO”;人生は一度きりだから  なにが楽しいかを考え最善な道を進みます 常に受け手目線で、情報発信をします!

新着記事