オーナー様向け
運用する
資産運用

「戸建て」VS「集合住宅」投資するならどっち?建築費についてもさらっと解説

2021年5月27日 北川 まな / 坂口 真理
投資
建物計画

「貯蓄から投資へ」のスローガン、皆さんは聞いたことがありますか?

これは政府が長年掲げている理念で近年の政府の個人投資への姿勢を表しています。

国を挙げて投資を奨励している現在、個人で新しく投資を始める良いチャンスと言えます。

不動産投資を始めるときにまず悩むのが建物のタイプです。

「戸建て」に「集合住宅」に投資の規模により様々です。

今回は戸建てとマンションの違いに切り込みます。

住宅の種類を明確に

住宅の種類は細かく分けると三つに分けられます。

①一戸建て

一棟の独立した住宅、隣や周辺にも一戸建てが建つことが多め、一世帯もしくは二世帯住宅

②一軒家

一棟の独立した住宅、周辺エリアには住宅が無い、複数の世帯が一緒に生活する場合もある

③集合住宅

一棟の建物を複数の居住区画に分けた区分住宅、長屋・マンション・アパートなどが含まれる

この時「一戸建て」と「一軒家」は一棟の独立した住宅という意味でほぼ同じ様に使われることが一般的です。

「戸建て」と「集合住宅」の違いとは?

戸建てと集合住宅のメリット・デメリットを簡単にご紹介いたします。

ここでは集合住宅は、一棟ものを例に記載しています。

戸建てメリット

1家族なので入居者からのトラブルなどが起きにくい(騒音トラブルなど)

建築費が一棟より安いので一棟を購入できない方でも投資を始めることができる

一度入居が決まると再度空室になるリスクが低い

戸建てデメリット

1家族分の家賃収入しか入らないので収入が集合住宅と比べると少ない

原状回復費用が部屋が広い分かかる

長い期間空室になるリスクがある

など

集合住宅メリット

部屋数分の賃料収入を得られる

賃貸住宅併用の自宅にすれば住宅ローンで賃貸経営が始められる

投資規模の拡大がしやすく買い進めたい人に合っている

集合住宅デメリット

建築費用が戸建てより高い

部屋のタイプによって空室リスクが高い

部屋のタイプに合わせて需要のある場所に建築する必要がある

など

それぞれの投資タイプにはメリットとデメリットがあります。

ご自身の人生設計に合わせてメリットとメリットのバランスをどうとっていくかがポイントになります。

戸建てと集合住宅で建築費が違うのはなぜ?

しかし戸建ての建築費はマンションに比べると目安10分の1程度に抑えられる事が多いです。

ではなぜ、戸建てと集合住宅で建築費が大きく違ってくるのでしょうか。

集合住宅建築の場合は水道やガスを用意するためのインフラ設備やドアなど集合住宅だから必要な設備が部屋の個数分かかってきます。

ただ建築費用はかかってしまうものの、部屋数が多いため集合住宅は一戸建てを建設するより大きな利益を生み出す資産となる事でしょう。

人生計画に合った投資で理想の経営を

マンション・一戸建てどちらの住まいを選ぶにしてもそれぞれのメリット・デメリットをしっかり踏まえて自分のライフスタイルに合う投資方法を選択したいものですね。

しかし時代が進むにつれてライフスタイルも変化を遂げています。

賃貸をうまく経営するには、建てる場所の需要と供給の調査が肝心です。

賃貸アパート分譲を中心に入居者様が安心して長く住める住居を作り、更に資産運用・土地開発分譲・建物請負・コンサルティングと幅広く皆様のご相談に応えられるようこれからも営業してまいります。

この記事を書いた人
北川 まな / 坂口 真理

新着記事