入居者様向け
暮らす
生活

ベストタイミングはいつ?東京へ上京する人のお部屋探し〜未来の学生さんへ編〜

2019年7月16日 田口 きみこ
部屋探しのテクニック
募集戦略

進学を期に上京!学生さんの物件探し

これから大学や専門学校、または高校、中学から進学する方もいるかもしれません。
将来に向かってとても大事なビッグイベントですよね!

そんな未成年の息子さんや娘さんを旅に出す親御さんは

ちゃんと探せるのかな?
どんなお部屋に住むのかな?
どんな環境でどんな街なんだろう?

色々な不安があると思います。

▼関連記事

入学前のお部屋探しタイミング

ならばと

まだ知識が浅い本人に代わってお部屋探しする親御さん達が半数以上いらっしゃいます。

そんな親御さんでも今のお部屋探しが、どのようなタイミングですればよいのか
解っている方は実際は少ないのではないでしょうか?

学生さんのお部屋探しでよくあるパターン

よくあるパターンは特に下記のものです

  • 試験結果が出る前に探す人
    ⇒「まずは祈ってください」
  • 何校か受験してどこの大学に行くか決めていない人
    ⇒「住む場所を決めないと絞れません」
  • 大学の寮の抽選を待っている人
    ⇒「抽選が終わってからにしましょう」
  • 受験する前から部屋探しをする人
    ⇒「…受験してからにしましょう」

etc

お部屋探しのベストタイミングとは?

進学などで東京などへ上京するときの部屋探しのベストタイミングはというと

ずばり!

「引越しをする1~2ヶ月くらい前」です

ではその理由は?

それはお部屋探しのステップから逆算して、一番ちょうど良い時期だからです。
具体的なお部屋探しの手順と一緒に解説します!

STEP1 理想に近い物件の目安をつかむ

まず2ヶ月前~

家賃の予算やお部屋の広さ・仕様・駅からの距離、環境など
ある程度の目安を決めるためにネットでどんな物件があるか見始めて下さい。

そうすることで、どの沿線、場所が一番理想に近いかがわかってきます。

ここで気を付けたいのは
全てを満たす物件は「存在しない」という事です

…もちろん家賃がいくらでも出せるという方は、ここでは考えないことにしますね(笑)

STEP2 実際に物件の問い合わせ

1.5ヶ月前~
実際に物件に問合せしてみます!

ここで気を付けたいのは「即入居可」と記載がある物件。
これは文字の通り、すぐ住めるという意味です。
実際に見たいなという時期や、住みたいなと申込みをしても時期を指定することが難しい物件になります。

どうしてもここが良いという場合は前もって、住んでいない間の家賃を払うことも視野に入れてくださいね。

STEP3 物件の見学へ足を運ぶ

1ヶ月前~
ある程度物件を絞った段階で問い合わせをして、実際に足を運んで見学にいきましょう!

「1ヶ月までだと遅すぎませんか?」
そんな疑問もあると思いますが、実際に東京、埼玉、千葉、神奈川などは物件も豊富で必ず見つかります!

特に東京都内の賃貸物件の数は90万件以上と言われています
うっかり部屋探しを忘れていたとしても、上京した日に住む部屋を決めることもできてしまいます!

▼関連記事

早く決めないと埋まってしまう…?

お部屋探しの場合、不動産会社に問合せをしても

「すぐに決まってしまいますよ」
「今決めてくれればオーナーさんに入居時期を交渉しますよ」

などなど
色々な営業トークをされることが多いと思いますが、惑わされないでくださいね。

安心してください!空いてます^^

時期が早いと断られてしまう場合も

賃貸アパート、賃貸マンションの場合、取り置きや予約というシステムは基本的にないので
あまり早くから探してしまうと、断られてしまう場合が多いのは事実です。

オーナーさまの立場に立って考えれば納得ですが
お部屋を貸すことで収入を得て生活しています。

皆さんが仕事をすることと一緒です。
入居が先になる人よりも早く住み始めてくれる人を優先したいので、断られてしまうのです。

オーナー様・ご入居者様にとって一番良い形

弊社もシエスタヴィラシリーズ、シエスタデュオシリーズなど自社で企画分譲した物件をお預かりしています。

管理物件の募集窓口をしていますので

オーナーさま、未来のご入居者さまにとって一番良い形はなにか?

常にそれを考えてサービスを提供しています。

弊社では、未公開の新築アパートを企画・建築・分譲・管理までトータルして行っています。

▼関連記事

管理会社が直接ご案内!

「シエスタヴィラ」「シエスタデュオ」などシエスタシリーズの物件を見かけたら
弊社がご入居後のサポートをする管理会社ですので、一番に連絡をしてみてください♪

中には未公開の建築中で、住みたいピッタリの物件があるかもしれません。

本来は管理会社が一番の物件のことを知っていて、情報を持っているので、直接ご案内するのがベストなんです!

オーナーさまとお部屋探しをされる方との掛け橋になれるように、情報を提供させていただきます!

▼関連記事

この記事を書いた人
田口 きみこ
「思い立ったらすぐ行動」 賃貸の仲介会社で働いていた私はひとつの物件シエスタシリーズに一目惚れ その会社へ乗り込んで社長へ直談判!そして今勤めています! たくさんの物件や現場を見て、日々成長中!

新着記事