オーナー様向け
運用する
管理

どう違うの??契約時の「押印」と「捺印」の違いについて調べてみました!

2020年4月22日 田口 きみこ
契約のいろは

押印と捺印はどちらも「ハンコを押す」ことです。
ですが漢字がちがうということは意味もちがうと思い、調べてみました。

「押印」と「捺印」の違い

最初に思い付いたのは「記名押印」「署名捺印」という言葉でした。

なんと!
「押印」と「捺印」はこの言葉を略して使うようになったものだそうです。

では、「記名押印」の“記名”と、「署名捺印」の”署名”。
この違いはなんなのか調べてみると、両方とも「名前を書く」という意味では一緒でしたが「書く方法が違う」ということがわかりました。

“記名”のほうは代筆でもよく、印刷されたものやゴム印を使って押しても大丈夫ですが、”署名”のほうは「本人が直筆でサインする」という意味でした。
契約書では「署名捺印」が使われています。

法的効力としては署名捺印が最も高く、そのあと署名のみ、記名押印、そして記名のみと続きます。
契約を締結する大切な書類ですから記名押印ではなくて署名捺印が使われているのだとわかりました。

▼関連記事

印鑑の種類、それぞれどういうときに使うか

ちなみに印鑑については 認印や実印など種類がありますが、どちらでも構わないそうです。
ただし、認印はお店などで簡単に買えるため、他人が本人に成りすまして捺印するリスクを防ぐために売買などの重要な契約書の捺印には実印を使うケースが多いようです。

ちなみに賃貸では実印を使うことはほとんどありません。
管理物件の契約でご来店されたお客様が持参するのは認印や銀行印です。
家賃の口座引き落としの手続きで捺印箇所があるので、その流れで契約書に銀行印を使われたりしています。

 

▼関連記事

契約時も入居後も笑顔とサービスを心がけます

「押印」と「捺印」の意味の違いを調べているうちに、その意味の違いがお客様との契約における役割に繋がっていることがわかりました!

ご入居のお客様の中にははじめて部屋を借りる方もいらっしゃいます。
人によっては不安を感じたり「質問したいけどできない…」ということがあるかもしれません。

お客様にはできるだけ話しやすい雰囲気で安心していただけるように心がけています。
ご来店時のお客様の笑顔をご入居後も絶やさないようなサービスの提供を日々、みんなで考えています。
入居者様のために行動することがオーナー様の満足に繋がると信じています。

管理の現場はこちら

この記事を書いた人
田口 きみこ
「思い立ったらすぐ行動」 賃貸の仲介会社で働いていた私はひとつの物件シエスタシリーズに一目惚れ その会社へ乗り込んで社長へ直談判!そして今勤めています! たくさんの物件や現場を見て、日々成長中!

新着記事