ニチハの外壁材シリーズ「イルミオ COOL」とは?当社物件の施工例をご紹介

住宅用建材の大手メーカー「ニチハ」は、窯業系外壁材(サイディング)を主として内外装建材を展開しています。

今回は、ニチハの外壁材シリーズ「COOL」にて用意されているタイプの一つである「イルミオ」を中心に、その特徴や当社物件における施工例・施工方法などをご紹介いたします!

ニチハの外壁材「COOL」とは?

ニチハの「COOL」は、以下3つのラインナップから成る外壁材シリーズです。

  • ・ミライア
  • ・メモリア
  • ・イルミオ

まずはそれぞれの特徴についてご紹介していきます。

ミライア

ミライアは、周囲の景色も映り込む鏡のような「鏡面フルグロス」仕上げが特徴の外壁材です。
セメントに繊維質を混ぜて形成した「窯業系サイディング」では、鏡面仕上げを施すことは不可能と言われていました。
しかし、専用に開発された特殊加工法と特別な塗装を施すことにより、鏡のような仕上がりと鮮やかな色彩の表現を可能としたのです。

 

メモリア

マットな仕上がりと、15色という幅広いカラー展開が特徴の外壁材です。
ミライアと組み合わせての貼り付けが可能となっており、組み合わせ次第で多彩なデザインを生み出すことができます。
また、一部カラーに超高耐候を採用しており長期にわたる高い耐候性も有しています。

 

イルミオ

梨地仕上げのシックなカラー5種、花崗岩・積層砂岩の個性的なカラー2種、壁面の凹凸を目立たせる目地デザインが用意されており、シンプルながら個性的なデザイン表現ができる外壁材です。
特定のスタイルにとらわれず、こだわりのデザインを実現しやすいカラーラインナップが特徴と言えます。

 

なお、COOLシリーズはすべて四方合いじゃくり加工を施しています。
一般的な外壁材と比べて継ぎ目が目立ちにくいため、一体感がある壁面の演出が可能に。
また、シーリングを板間に使わないことからメンテナンスの回数も少なくなるため管理がしやすいのです。

「イルミオ COOL」施工例を当社物件からご紹介!

当社が建築している賃貸物件「シエスタデュオ一橋学園 コンテムセオ」でもCOOLシリーズのイルミオを外壁に採用しています。

当物件は現代美術館をコンセプトとしており、複数のカラーを貼り分けることでアート感のある個性的なデザインに仕上げています。

使用しているカラーは以下の5種類です。

  • ・イルミオホワイト
  • ・イルミオライトグレー
  • ・イルミオブラック
  • ・イルミオアイボリー
  • ・イルミオネイビー

「イルミオ COOL」の施工方法とは?

シエスタデュオ一橋学園 コンテムセオ」では、職人による手作業でイルミオを貼り分けています。
同色の面でもパターン状にカットして貼ることで、カラー別に貼り分けている部分と同様の切れ込みが生じて統一感のある外観にまとまります。

貼り付けの際は、「シーリングレス工法」を施します。
一般的な外壁材と異なり、外壁同士のつなぎ目にシーリング材を使用しないためつなぎ目が目立たず、スッキリと一体感のある見た目になるのです。
また、シーリング材の変色・劣化がないことからその分のメンテナンスも不要になります。

外壁工事として実際にイルミオを貼り分けている作業を以下の記事にて詳しくレポートしているので、こちらも併せてご覧ください!

「イルミオ COOL」で個性を演出&管理もしやすく!

入居者様が物件を選ぶ際、外観という要素も少なからず影響するものです。
外観を彩る外壁材は、物件の「顔」となる重要な役割を担っています。
ニチハのCOOLシリーズは、個性的なデザイン表現を可能とするラインナップでで他物件との差別化を図る意味でも優れた外壁材です。
また、お手入れがしやすいので管理者側の視点でも嬉しいメリットが得られます!

▼関連記事

 

この記事を書いた人
浦野 瞳
「建てる」カテゴリの最新記事