繁忙期の修理を減らす賃貸住宅管理の仕方。エアコン試運転の呼びかけ

夏と冬の始まりと言えば、エアコン修理の発注!そんな賃貸管理の日常に共感できる皆さんはいらっしゃいますか。

1年に2度訪れるエアコン使い始めの季節。繁忙期はどこも修理が集中し価格が納期が長くなるなど困ることが多いです。

いざ繁忙期となった際に、修理や発注に困らないよう入居者さんへエアコン試運転を促す取り組みをご紹介します。

納期の長さで入居者の退去を誘発したくない賃貸アパートオーナさん、不測の事態を減らしておきたいオーナーさんへ向けて書きました。

エアコン取付の繁忙期はいつ?

まず、エアコン取付の繁忙期はいつなのでしょうか?

1度目は3月~4月、2度目は7月~8月。引っ越しの集中する季節と夏の暑くなり始める季節が繁忙期です。

賃貸住宅では前の入居者さんが退去したタイミングで古いエアコンを新しいエアコンへ取り換えることがありますよね。1回目の繁忙期は賃貸オーナーさんにとってはイメージしやすいのではないでしょうか。

7月~8月は夏に向けてご家庭でも長い間使っていないエアコンを動かす季節です。壊れてしまったエアコンの交換対応や新しく増設するといった需要が生まれることで繁忙期が起きます。

昨今電気系の部品は世界情勢の影響を受けやすく、海外で調達する部材が入ってこないために繁忙期以外にも納期が延びるといったことも起きています。

▼住宅建設に関わるニュースですと、ウッドショックなども建材の値段に影響を及ぼしました。

エアコン修理の繁忙期はいつ?点検までどのくらいかかる?

修理の繁忙期は、7月~8月の長い間エアコンを使わない時間があったのちに冷房で使い始めるという時期です。

当社も普段から賃貸管理業務をしているなかで入居者さんから不具合のご連絡があるのもちょうどこの時期です。

むしろ、この時期以外のエアコン不具合のご連絡はほとんどありません。

繁忙期の7月~8月に専門業者点検をお願いすると訪問に約2~3週間もの時間がかかります。※メーカーによります

夏の暑い時期に2~3週間も待たせることになれば入居者さんの不満がたまってしまうことは容易に想像できます。

人によっては退去を考えさせる一因となってしまうかもしれません。

エアコン修理までの手順は?

エアコンの修理を発注する方法はいくつかあります。

ここでは賃貸住宅を管理する場合の発注の手順を説明します。

▼エアコン修理の手順

  1. メーカーか施工会社に連絡し修理を依頼
  2. 訪問点検(見てみないと状態が分からないため訪問点検となることが多いです)
  3. 修理見積もり受領
  4. 修理工事、交換工事

2、の訪問点検でエアコンの状態を見た後に基板交換、室外機交換、エアコン全部の交換、リモコン交換など修理内容が決まってきます。

基盤交換をしても不具合箇所が直らないということもあります。その場合は再度エアコン全部の交換工事となります。一番費用が掛かるのがエアコン全交換ですが基盤修理で解決せずエアコン全交換となった場合余計にお金がかかることとなるのでこの見極めには経験がものを言います。

弊社の管理経験から言うと使用から10年以上たったエアコンは交換となることが多いです。

ここで知っておきたいのが、掃除をしていないために不具合が起きているパターンがあるということです。

訪問してフィルターを見てみるとごっそり埃がついているなんてこともありました。

この場合は掃除をすれば解決をすることがよくあります。

不具合の連絡を受けた際にはお掃除をされたかどうか状態を聞くことで無駄な訪問点検を減らすことができます。

繁忙期のエアコン修理を減らす方法

繁忙期のエアコン修理を減らすために効果的なのがエアコン試運転です。

繁忙期前にエアコン試運転を行っておくことで早めに不具合を発見でき早急な段階で修理に出すことでエアコンを使い始める時期に快適に過ごすことができます。

賃貸住宅の場合は、入居者さんへ繁忙期前にエアコン試運転とフィルター掃除のお願いを行うことで慌てて修理を依頼するといった事態を減らすことができます。

当社では、入居者様に入居者専用公式LINEへの登録をお願いしております。その入居者専用公式LINEではエアコン試運転のお願いなど入居者の暮らしに関わる重要な連絡事項の配信を行っております。

本記事では事例として電子でのお知らせをご紹介します。

こちらが流したエアコン試運転のお願いとお掃除の啓もう配信です。

▼6月に流したのがこちらの試運転のお願い

▼エアコン掃除の仕方の啓蒙がこちら

試運転のほうは、手順が簡単でないと実際行動に移していただけない可能性を考え文章を極力へらしました。

これまで文章のみでお知らせしていたものを画像で目立つように変えています。

初めての賃貸住宅での一人暮らしという方は、初めてエアコン掃除をするという方が多いです。エアコンはフィルター掃除をする必要があるということを知らない方もいらっしゃいます。エアコン掃除方法から配信しています。

▼不動産管理会社が行う入居者向け公式LINEアカウントの運用について詳しくはこちら

オーナーさんも入居者さんも快適な管理となるように

エアコン修理の繁忙期前に試運転を行うことで点検訪問に長い時間のかかる繁忙期の修理を減らすことができます。

入居者層に合わせたご案内は設備を大切に使っていただくために重要な役割を果たします。

当社の建築・管理するシエスタシリーズは駅近の入居者の手が届く家賃設定をしているため特に単身向けの間取りの物件では初めて一人暮らしをされる方が多いです。どのような方も住み心地良く暮らせるように管理部ではオーナー様の金銭的ご負担を考慮しつつ入居者目線での入居者対応を心がけております。

▼ときにはナメクジと戦う!不動産管理の見えない現場を記事にしています

この記事を書いた人
坂口 真理
プロモーション事業部に所属しています。 “You Only Live Once;YOLO”;人生は一度きりだから  なにが楽しいかを考え最善な道を進みます 常に受け手目線で、情報発信をします!
「運用する」カテゴリの最新記事