不動産用語『BM』とは?実際の業務を例にわかりやすく解説します!

BMとは、収益物件経営に携わる方なら知っておきたい用語のひとつです。

意味を分かりやすく実際の業務例をいくつか挙げながら解説します。

BMとは?

物件を管理し、資産価値を守る業務全般を指します。

Building Managementの略で、ビルマネジメントとも言います。

BMでやること

  • 建物の修繕
  • 設備の修理
  • 清掃
  • 警備
  • 巡回

など

物件の維持管理に必要なことはほとんど行います。

PM・AMについて

PMAMも、BMと一緒に覚えておきたい用語です。それぞれを簡単に解説します。

PM

Property Managementの略で、経営面の業務を指します。

  • 物件の賃貸募集営業
  • 賃貸契約の締結
  • 賃料等口座間のやりとり

など

AM

Asset Managementの略で、資産の運用・管理の業務のことです。

ローンの組み方の提示や収益最大化のための戦略立てなどが当てはまります。

不動産の価値を守るのは資産形成のポイントのひとつ

修繕・清掃などで建物の価値を維持するBMは、不動産経営を左右する業務です。

同時に、BM、PM、AMのバランスも、資産運用の重要ポイント。

3つを一括でやっている弊社は、それぞれの役割をコントロールしながらオーナー様の収益最大化のためのお手伝いが可能です。

当社建築収益物件、シエスタシリーズでの不動産経営のご相談お待ちしております。

この記事を書いた人
星脇 まなみ
「運用する」カテゴリの最新記事