入居者様向け
暮らす
生活

一人暮らし7年目の私が教える「今すぐできる防犯対策」5つ

2020年4月14日 坂口 真理
防犯

こんにちは 大学生より一人暮らし生活今年で7年目 坂口です。

本記事では、一人っ子からの一人ぐらしで“ひとり”が染みついてしまった私の防犯対策を紹介いたします。

一人で住んでいると、自分の身を自分で守らなければいけず大変ですよね、
そこで普段から簡単にできる防犯対策を5つ紹介します。

今すぐできる一人暮らしの防犯対策5つ!

①SNSを活用する

例)「埼玉県警察犯罪情報官」ツイッター

Twitter等で住んでいる場所の管轄の防犯情報のアカウントを入れ、防犯情報を簡単にチェックできる状態にしておきます。

警察、自治体、防犯情報アカウントでチェックできます
すぐに目に触れられる場所にあると、防犯意識が高まります

②帰り道にヘッドフォンを“絶対に”つけない

私もよくしてしまうのですが、夜道でヘッドフォンをつけるのはとても危険です。
うしろから近づいてくる自転車、車の音に気付かずひかれそうになったことがあり
ます。
犯人にスキを与える可能性が高くなります

③部屋に入る際は周りに人がいないか確認する。

開けた瞬間に一緒に入ってくる可能性があります。

④帰り道はたびたび振り返って警戒する

変な人に見えません!大丈夫です!警戒していることが伝わるだけでも効果はあるはずです

⑤玄関の鍵は必ずしめる

酔って帰って閉め忘れ、起きたら目の前におじさんが正座して座っていた。という話は私の周りでも3件は聞きました。

私も高校生の時に帰り道、本屋さんでCDを選んでいる時、知らない会社員に付きまとわれ、DVDを手に取ったら目の前にいて、目が合うという経験をしました。

嫌な思いをする女性が一人でも減ればいいな。
私の経験が少しでもお役に立てばとてもうれしいです。

▼関連記事

定期的な物件巡回で入居者様の防犯をサポート!

今回の記事は“防犯”をテーマにしました!
上に挙げた5点は私の一人暮らし生活の中で「ここに最低限気を付けていれば大丈夫!」と個人的に感じたポイントです。

当社では定期的な巡回で防犯性のアップを心がけております。
ゴミ一つない物件とするだけで「管理されている」「見られている」と犯人に感じさせ防犯性が上がります。

巡回時に、物件がきれいかどうかだけではなく、防犯面で気になる箇所も点検し、状況に応じ巡回頻度を上げて見守っております。
シエスタシリーズ入居者様の防犯も、管理会社としてしっかりサポートします!

▼防犯に役立つ記事はこちら

この記事を書いた人
坂口 真理
プロモーション事業部に所属しています。 “You Only Live Once;YOLO”;人生は一度きりだから  なにが楽しいかを考え最善な道を進みます 常に受け手目線で、情報発信をします!

新着記事