入居者様向け
オーナー様向け
建てる
設備紹介

ディンプルキーとはどんな鍵?普通の鍵とは違う防犯性と取扱いについて

2021年2月24日 浦野 瞳
防犯
ディンプルキー

集合住宅の部屋の鍵として時折みられるディンプルキー
普通の鍵とは違い、小さく丸いくぼみがいくつもみられる表面が特徴的です。

ディンプルキーを見たことがある、持っているという方は多くいらっしゃるかと思います。
しかしディンプルキーとは具体的に何なのか、防犯性は普通の鍵と違いがあるのか
…詳しく知ることの出来る機会はなかなか無いですよね。

この記事では、ディンプルキーを分かりやすく説明します。

ディンプルキーって何?

一般的な鍵は、鍵の側面がギザギザと刻まれていますよね。

一方でディンプルキーは、側面が平らで表面には小さく丸いくぼみがいくつもみられます
ディンプルとは「くぼみ・えくぼ」という意味があり、その名の通りの特徴です。

鍵穴にはディンプルに対応した複数のピンが入っており、鍵を差すとピンが押し上げられます。
ピンとディンプルの形状が合致したときだけ開錠することができるのです。

ディンプルキーは2000年代から急速に普及し始めた鍵ですが、都内の住宅において採用されている件数はまだ1割程度のようです。

裏表がないため、鍵を差し込むときに向きを気にする必要がなく開けやすいという特徴もあります。

▼関連記事

 ディンプルキーと普通の鍵、防犯性が高いのはどちらか

ディンプルキーと普通の鍵を比べると、防犯性の高さにおいてはディンプルキーが優れているといえます。
形状が違うだけなのに防犯性で差が出るのは何故なのでしょうか?

ピッキングに強い

通常の鍵穴は内部に一方向からのピンしかついていません。

しかしディンプルキーの鍵穴は内部にあるピンの本数が多いだけでなく、上下や斜めにもピンがついています
これが人の手によるピッキングを物理的に難しくさせているポイントです。

ピッキングの難しさに伴い開錠までにかかる時間も伸びるため、空き巣などの犯罪抑制効果も期待できます

合鍵を作ることが難しい

上記でも述べたとおり、ディンプルキーは複雑な構造が特徴です。
合鍵を作るには高度な技術が求められるため、鍵屋さんに複製を依頼しても拒否される場合があります。

また、登録制で番号を示さないと合鍵を作ることができないディンプルキーもあります。

第三者に合鍵を作られ、侵入を許してしまう…というリスクを回避するには効果的ですが、その分鍵を紛失しないために一層注意する必要もありますね。

防犯性以外にもこんなメリットが…

通常の鍵に比べて、ディンプルキーには厚みがあるため頑丈です。
使用している内に折れてしまうということがありません。

ディンプルキーの注意点

ここまでディンプルキーの防犯性の高さについて解説をしてきました。
次に、取扱いに関わる注意点を解説します。

ディンプルキーだけで防犯対策は完璧と言える?

ピッキングに強く複製もされにくい…とはいえ、その防犯性を過信することはおすすめできません。

同じディンプルキーでも様々な製品があり、その中でも防犯性には差が出ます。
ピッキングに強いといっても、必ずしも防げると言い切れるわけではありません。

犯罪の手口は常に進化しており、ディンプルキー用のピッキングツールも出回っています。
そのため、ディンプルキーに加えてオートロックやモニター付きインターホンなどプラスアルファの防犯設備があると安全性が高まります。
当社の賃貸住宅ブランドシエスタヴィラ・シエスタデュオでは防犯性を大事にする入居者様を意識し、オートロック、モニター付きインターホン、ディンプルキーすべてを標準設備として設定しています。

▼関連記事

ディンプルキーのお手入れ

溝やくぼみの部分にホコリが溜まっていることで、鍵穴に差しても回らない・回りづらくなってしまうことも。
時折ホコリが溜まっていないかを確認し、取り除くことをおすすめします。

その際、鋭利な物を使用すると溝やくぼみ部分を傷つけてしまいます。
歯ブラシなどで汚れを取り除いた後、柔らかい布で拭き取ると良いでしょう。

ディンプルキー+オートロック門扉で防犯

日生リビングシエスタが提供している賃貸アパート「シエスタシリーズ」すべてディンプルキーを導入しているだけでなく、オートロック門扉も完備しています。
女性でも安心して一人暮らしを続けることができる、入居者様を考慮した設備でオーナー様の物件に更なる価値を生み出します!

▼関連記事

この記事を書いた人
浦野 瞳

新着記事