オーナー様向け
建てる
設備紹介

川口技研『ホスクリーン』って知ってる?室内干しの設備を入れるメリットとは

2021年3月28日 菊地 はる
洗濯
川口技研
建物計画
住みやすい部屋への工夫

こんにちは、菊地です。

皆様、ホスクリーンってご存知ですか?

一言でまとめると、室内干しの最強アイテムです。

今や住宅を建てるときには必ず話題に上がると言っても過言ではないほど大人気。

例えば、日当たりがイマイチな部屋だったり、外に出られないタイプのベランダの部屋に取り付けると、一変、とても住みやすい部屋になります。

そんなホスクリーンの魅力を深掘りします。

室内干しの神アイテム、ホスクリーンってなに?使用方法は?

『ホスクリーン』とは、川口技研が販売している物干しのことで、室外用や室内用、用途によって細かく分類された様々なタイプがあります。

弊社で使用したのは、天井から吊り下げて洗濯物を干すSPC型です。

基本的には2つ設置して、輪っかに物干し竿を通して使います。

輪っか部分に直接ハンガーを掛けることも可能です。

インテリアに調和するデザインで、シンプルだからこそ使い方はいろいろ。

物干しアイテムだけど、色んな役目を果たします。

ホスクリーンを利用した室内干し以外の使用方法も・・・

クローゼットとして利用したり、吊り下げて装飾する植物ハンギングプラントなどを引っ掛けて飾ったり。

まさに一台で何役もこなしてくれます。

利用者が歓喜するホスクリーンの2大メリット

色々な使用用途が出来るホスクリーンですが、やはりメインの使用用途は物干しです。

では、一般的な物干しと比べて何が良いのか?

ホスクリーンの2大メリットをまとめました。

1. 床の場所を取らない

部屋干し用の洗濯物干しといえば、床に置いて使う物干しもあります。

ホスクリーンは天井からぶら下がるので床の場所を取りません。

そのためお掃除もらくらく!

場所を取らずに、スマートに使えるのは最大の魅力です。

2.取り外し可能

SPC型は取り外して収納可能なホスクリーン。棒で引っ掛けてひねって簡単に取り外しできます。

来客時などで部屋を広く見せたい時は見た目もスッキリです。

以上の2点から、パッケージプランの中の設備の1つにホスクリーンの採用を決定しました!

日当たりが少ない部屋、外に出られないタイプのベランダのある部屋にも、ホスクリーンの設置によって、室内干しもへっちゃらです。

弊社の小さなこだわり!入居者様に満足頂く独自の工夫点

ホスクリーンの導入を決定した後も、それだけでOKというわけにはいきません。

入居者様に満足頂くため、最新設備にも付加価値を付けていきたい。

シエスタシリーズの物件は入居者様にご満足いただけるよう、住んだ時のイメージをしながら物件を作っています。
以前記事でご紹介した「コンセントの多さ」もそのひとつ。

関連記事:

同様にホスクリーンの導入にも様々な工夫をしています!

まず工夫した点は、設置場所です。

ホスクリーンがプランに入っているシエスタシリーズの設置場所は、窓際です。

窓際に設置することにより、採光がはいるので室内干しでもふんわり乾かせます。花粉症の時期には特にもってこいですね。

その他に、とてもとても小さなこだわりですが、ここ!

一見カーテンを掛けるフックのような形状ですが、弊社はブラインドで統一しているため、カーテンフックではありません。

ホスクリーン収納時に使用する棒を引っ掛ける定位置を作りました。

これで使用頻度が高い棒もスッキリ収納可能!

「あれ、どこ置いた?」なんてことも無くなって、退去時の物品紛失が減ります。

もちろん、メンテナンスは入居の入れ替えごとに弊社でしっかり行っています。

次の入居者様にも心地よく使って頂きたいですからね。

細かなところですが、痒いところに手が届くような取り組みの積み重ねを弊社はとても大切にしています。

心地良く住み良い物件にすること=長期顧客確保

コンパクトに質の良い暮らしを過ごす上で、設備はとても重要です。

シエスタヴィラ、シエスタデュオでは洗濯設備としてホスクリーンやピットを取り入れています。

皆様ご存知の通り、入居者様にとって心地良く住み良い物件にすること=長期顧客確保なんですよね。

このような生活の便利アイテムも全てパッケージプランの中に込みで入っています。

オーナー様にとって、効率よく手間なく、良い物件を作り上げることが出来るのがシエスタシリーズのパッケージ商品なのです。

 

▼関連記事:パッケージプランとは?

この記事を書いた人
菊地 はる

新着記事