オーナー様向け
建てる
設備紹介

駅近需要と収益を両立させる「シャワールーム」Panasonic AWシャワー&パウダー

2021年4月22日 北川 まな
投資
建物計画

こんにちは、北川です。

今回は、毎日必ず使用するもの・・・多い方は一日数回使われるかな?使った後はスッキリさっぱり気分爽快になるものと言えば・・・

「シャワールーム」!!のご紹介です。

シャワールーム一つとっても単身賃貸住宅にぴったりな製品があります。

コンパクトで収益にも収まる質の良い暮らしが送れるような工夫の詰まったその魅力を皆様にお伝えしてまいります。

 そもそもなぜシャワールーム?

シャワールームとは文字通り、浴槽が無いシャワー単独のスペースの事です。欧米ではよく見られるスタイルなのですが、日本ではまだ取り入れている住居はそこまで多くは無いようです。

そんな中当社のシエスタヴィラシリーズはシャワールームを採用しております。それは一体何故なのか?

時代のニーズに合った、かつ安定した収益計画を重視しているからです

シエスタヴィラシリーズは10代後半〜20代の単身者様をターゲットにしております。下記記事でも紹介していますが、一人暮らしの方は忙しくて毎日浴槽に浸かるという習慣が無く、シャワーで簡単に済ませてしまうという傾向にあります。

▼関連記事

浴槽を無くす事で、入居者様の予算内に収まる様な現実感のある家賃設定が実現します。「駅近の利便性が高い物件に需要のある設備を取り入れた」という事です。

更に浴槽が無いという事は、

①汚れる部分も少なく掃除が楽チン

②お部屋のスペースを広く出来る

③独立洗面台を採用しやすい

というメリットもあります。

Panasonic AWのシャワーアンドパウダーシリーズ どのタイプがお好み?

使っているのはPanasonic AWのシャワーアンドパウダーシリーズ

シャワールームは物件によって3色のタイルを選んでおります。

このタイルですが、手触りまで感じさせる様な表情なのに、触れてみるとフラットで美しく滑らかなんです!そしてお掃除しやすい素材となっております。

そしてダウンライト照明(LED)を採用!壁付け照明の様な張り出しが無く、すっきりと圧迫感の無い空間を作り出しました!

細部のこだわり

床は同一方向のシンプルなグリッドパターンでお掃除が簡単、床表面の微細な凹凸で乾きやすく滑りやすくなっています。

シャワーヘッドはお好みの高さに設定でき、姿勢の保持に役立つ握りバーになる便利でデザイン性の優れたスライドバー。

収納棚を装着し整理整頓しやすくなっていたり、シャワールームとトイレが隣接している場合は透明の戸でしっかりと区切られているので水はねを気にせず洗う事ができます。

歩いて数分のノスタルジック

ちなみにどうしても浴槽に浸かりたい日もありますよね?その場合シエスタヴィラ北千住アルボルハウスから徒歩数分の場所には「東京のキングオブ銭湯」とも呼ばれている「大黒湯」があります!

このトラディショナルな趣!!地元の人から愛され、昭和の銭湯らしさが残されている銭湯なんです。露天風呂、サウナ、水風呂完備です。歩いてすぐという好立地ですので是非足を運んでみてください。

▼関連記事

少しでも長く住んで頂きたい私たちの思い

今回は、当社の設備選びの一端をお見せできるシャワールームのご紹介でした。

私たち日生リビングシエスタは過剰な建築コストを省きつつも、入居付けの良く空室期間の少ない優れた賃貸アパートづくりを理想とし、オーナー様、入居者様どちらもに喜んでいただける環境作りに取り組んでいます。

▼関連記事

この記事を書いた人
北川 まな

新着記事