オーナー様向け
建てる
建築

建物ってどうやって作られてるの?〜日本古来から伝わる在来工法について〜

2021年7月3日 北川 まな
建築のいろは
建物計画

皆さま、建物がどの様に建てられているのか知ってますか?

普段何気なく工事現場をよく目にしますが、中で何が行われて建物が作られていくのか、実際あまり分からないですよね。

今回は、建築も自社で行う当社が、建築工法の一つ在来工法を解説します。

日本の建築工法は2つ

日本の建築の工法は現在大きく二つあります。

一つ目は柱や梁を立てて骨組みを作りそこに屋根などを付けていく在来工法(在来軸組み工法)

二つ目は柱は無く、床や壁、天井などの板貼り合わせて作っていく枠組み壁工法(ツーバイフォー)

根本的な家の作り方から違います。

弊社が建てるシエスタシリーズ在来工法を採用しております。

ではその在来工法はどの様にして建てられていくのでしょうか。

在来工法の建築の流れ

在来工法は日本に昔からあった伝統工芸を簡略化・発展化させた建築方法です。

工事の流れをまとめると以下の通りになります。

①基礎を作る

②土台を据える

③柱(通し柱・菅柱)を立てる

④梁(胴差・床梁・軒桁・小屋梁)を架ける

⑤筋かいと火打を設ける

⑥小屋組を設ける

⑦野地板・間柱・まぐさ・窓台を設ける

⑧屋根葺き・壁防水・開口部を設ける

⑨内外装の仕上げをする

完成!!

このように在来工法は、柱・梁・筋かいなどの軸組を「線」で構成するのが特徴です。

地震の力や風圧の力は建物を横から水平に押す力ですが、この在来工法は柱と梁で囲まれた部分に斜めの材「筋かい」を入れて建物を大きく損傷したり倒壊するのを防いでいます

在来工法のメリット・デメリット

先ほどご紹介した通り在来工法は台風や地震などの横からの圧に強くできています。また、間取りの自由度が高く大規模な増改築をしやすい!というメリットがあります。

しかしメリットがあればデメリットもありますよね。

在来工法は技術力が必要な工法であります。したがって大工の技術や熟練度が求められます。そして工期がかかってしまう(間取りの自由が利く分、間取りを複雑にすると施工期間が長くなってしまう)というデメリットが挙げられます。

▼関連記事

弊社シエスタシリーズ、在来工法にて絶賛建築中!

日本建築の代表的な建築方法である在来工法をご紹介致しました。

tatecata.comでは在来工法にて建築するシエスタシリーズの現場レポートを行っております。

併せてご覧ください!

建築中の現場を伝える!現場レポートはこちら

この記事を書いた人
北川 まな

新着記事