オーナー様向け
建てる
設備紹介

身支度や家事をもっとしやすく 部屋探しの段階で入居率に差がつく独立洗面台、LIXIL ピアラ

2021年8月5日 菊地 はる
建物計画
住みやすい部屋への工夫

こんにちは、菊地です。

皆さんは、1日何回ほど洗面台を使いますか?

毎日の沢山使う場所は、使い勝手のいい方が快適性に繋がりますよね

快適なお家時間を過ごしたい方にオススメなのが、独立洗面台

独立洗面台とは、トイレや浴室と切り離された洗面台のことです。

賃貸住宅を探す際のこだわり条件としても、特に1人暮らしの女性に人気の高い設備です。

この記事では、賃貸住宅市場で独立洗面台が人気な理由と、独立洗面台 LIXILのピアラをご紹介していきます。

独立洗面台が人気な理由

快適性、利便性が高く、特に見た目を気をつけている方に多く好まれる設備です。

洗面台下や鏡の脇に収納が充実していることが多い為、ワックスや化粧品等の小物をはじめ、タオルなどの日用品、洗剤や掃除道具等も収納することができます。

また、美容・理容関連の電化製品を使用する際に必要となる電源が付属しているのも独立洗面台の大きなメリット。

ドライヤー・電動歯ブラシ・シェーバーの充電器など水回りで使用する電化製品は多いですよね。

鏡を見ながらゆっくり身支度したい方にはもってこいの設備です。

それに対し、3点ユニットバスだと収納スペースが限られ、湿気の中トイレの近くで身支度することになります。

 

一転、3点ユニットバスは、シャワーヘッドが同じ空間内にあるので全てまとめてお掃除しやすいというメリットもあります。

バストイレ別や独立洗面台は賃貸住宅を探す際のこだわり条件として、SUUMOなど賃貸ポータルサイトでも必ずと言ってもいいほどの確率で選択される項目です。

入居募集を考えて設備を考えておくと、満室率を高く維持することができます。

全国賃貸住宅新聞では毎年人気の設備ランキングが出ています。
下の記事では2018年の結果をご紹介しています

▼関連記事:

実際に使いたくなるピアラの特徴①

ここからは当社でも使っている独立洗面台、LIXILのピアラをご紹介していきます。

ピアラのコンセプトは、

「365日キレイとラクと楽しさを。身支度や家事が、もっとしやすくなるだけでなく、毎日が楽しくなる洗面化粧台」

です。

 

使いやすさのポイントはなんといっても、洗面ボウルと水栓

そして、適材適所の収納スペース。

其々の工夫点、詳細を知るほど、いいね!いいね!と頷きたくなりますよ。

使い勝手の良さから洗面台のリフォームにも大人気なようです。

詳しく紐解いていきますね。

広い洗面ボウル

その特徴はなんといっても、広くて平らな平面ボウル!

底面が広いので、バケツの水汲みや衣類のつけ置き洗いもしやすいです。

よく中央にありがちな排水口は、右奥に配置しているので作業の邪魔になりません。

つなぎ目や凹凸のないボウルなので、水ハネをサッと拭き取れます。

ボウルのサイドには2種類のパレットが装備されています。

ボウル左側の取り外し可能なウェットパレットは、コップや泡立てネットなど、濡れものを気兼ねなく置けます。

右側にあるドライパレットは水に濡れたくないタオルやメイク道具などの仮置き場として使用可能です。

使いたい位置にくるりと回せる「くるくる水栓」

水栓自体がくるくると180度回るためどの位置に持ってくることも可能で使い勝手がよいです。

更に、ホースを引き出して使えるので、ボウルのお手入れもラクラク便利です。

 

ホースは曲線の特徴的なグースネック形状です。

水ハネの少ないマイルドな微細シャワー。整流吐水への切り替えもできます。

実際に使いたくなるピアラの特徴②賢い収納アイテムですっきりキレイな洗面空間

収納しやすい工夫をしたアイテムがもりだくさんのピアラです。

扉裏ポケット

扉裏ポケットは取り外しができ、3段階に高さ調節が可能です。

一番下のフックに取付ければ、高さのあるカールドライヤーなども収納できます。

三面鏡トレイアレンジ

トレイアレンジは、トレイを5cm刻みで設置できるので、高さの違うものを効率よく収納することができます。

仕切りトレイ

仕切りトレイは、細長いメイク用品も立てて収納できます。

ちなみに、洗面の下の収納、ごちゃごちゃしがちですよね。

 

そんな時は、突っ張り棚を設置して、洗面台下に棚を設置するとデッドスペースが有効活用でき収納力がUPします。

ストックを保管する箱やファイルボックスは揃えると見た目もすっきりします。

細かい歯ブラシや入浴剤、化粧品のサンプルなど細かい物は引き出しタイプのケースがおすすめです。

実際のピアラ導入物件の様子

全面が鏡で、その中が収納スペースになっています。

収納力があるので、物がばらつかず綺麗に使うことができます。

横幅60cmでコンパクトながら1〜2人暮らしには十分な収納力です。

賃貸物件で取り付けられているタイプの独立洗面台では、鏡裏収納がなく、一回り小さい鏡のサイドに小物入れが縦に並んであるタイプをよく見ます。

物の出し入れが楽なメリットもあれば、生活感が丸出しになってしまうというデメリットもありますよね。

そして、当社スタッフで入居者様の利便性を考えて取り付けた洗濯機上の便利棚がチラリ✨

こちらには洗剤やタオルなどが置けます。

 

別記事で収納の多い暮らしやすいお部屋にするための工夫、オリジナル収納棚もご紹介しています。

 

▼関連記事:

満足できる設備で入居者様の心を掴むシエスタシリーズ

単に独立洗面台といっても様々なタイプがあります。

生活する上であったらいいな。という装備が備わっているピアラはユーザーから高い支持を得ています。

当社のシエスタシリーズは「この部屋に住みたい。」と思われる設備を標準使用でご案内します。

入居者様の利便性•快適性を計算しつくした設備は、入居率+更新率を上げるキーになるのです。

▼関連記事:標準設備とは?

この記事を書いた人
菊地 はる

新着記事