暮らしの快適性は窓サッシの種類で決まる!?窓サッシの種類や素材を詳しく解説

住宅に使われる窓サッシには、様々な種類があります。

どのような種類の窓サッシを取り入れるかによって、窓の見た目はもちろん住宅の住み心地も大きく変わるのです。

そこで今回は、窓サッシの種類とその特徴について詳しく解説いたします!

窓サッシに用いられる素材についても記載していますので、是非参考にしてみてください。

そもそも窓サッシとは何?

住宅の窓は、「窓枠」「ガラス」「ガラスを囲む枠」などから構成されています。

ガラスを囲む枠とガラスの間にある建材を「サッシ」と呼ぶのですが、現場におけるサッシの定義は厳密に決められていません。
そのため、最近はガラスとサッシを含めて「窓」や「窓サッシ」と呼ばれることが多いです。

一口に窓と言っても形状やサッシの素材には様々な種類があり、それぞれに適した用途も異なります。
新たに住宅を建てる方、リフォームを行う方は窓サッシの種類も理解しておくことが快適な暮らしを実現するためにも重要です!

窓サッシの種類については、以下より詳しく解説していきます。

主な窓サッシの形状は6種類

先述の通り、窓は住宅の見た目や住み心地を左右する重要な要素です。
採光や通気性などの役割を果たすため、場所によって取り付けられる窓サッシの形状は異なります。

窓サッシの代表的な形状としては、以下の6種類が挙げられます。

  • ・引き違い窓
    一般的な住宅に多く取り入れられている形状の窓サッシで、2枚の窓をそれぞれ左右に引くことで開閉が可能です。
    採光面積が広いため室内を明るくするにはピッタリなだけでなく、窓を開ける幅も調整しやすいという特徴もあります。
  • ・上げ下げ窓
    海外で使われることが多い形状の窓で、上下にある2枚(または片方)の窓をスライドして開閉させます。
    防犯性の高さが特徴で、2枚とも窓のスライドが可能なタイプであれば通気性も優れています。
    引き違い窓ほどの開口部を確保できない部屋や勝手口のドアによく取り付けられます。
  • ・縦すべり出し窓
    縦を軸にして、左右のどちらか一方から窓を部屋の外へ滑り出して開けます。
    窓を開く角度は調整可能で、外気を取り入れやすいためリビングやキッチンなどに取り付けると便利です。
  • ・横すべり出し窓
    横を軸にして外側に開けるタイプの窓で、縦すべり出し窓が90度回転したようなイメージです。
    外側から見た際の開口部がほとんどないため、浴室やトイレ、寝室といったプライバシーを守りたいスペースの換気用に適しています。
  • ・ルーバー窓
    羽状の窓が何枚も並んでおり、ハンドル操作で窓の角度を変えて開閉するタイプです。
    開く角度を調整すればプライバシーを守ることもできますが、羽状の窓は簡単に取り外せるため防犯面は注意する必要があります。
    面格子などを組み合わせで使うと良いでしょう。
  • ・FIX窓
    壁にガラスがはめ込まれているタイプの窓で、開閉することはできません。
    採光や外の景色を楽しむことに特化しており、四角形だけでなく円形やアーチ形など外見のバリエーションも豊富なので住宅のデザイン性を高めることができます。

▼FIX窓について詳しくはこちら

窓サッシに使われている素材とは?

窓サッシに使われている素材も様々なものがあり、素材によって窓の機能性が変わります。

窓サッシは場所に合わせて形状・素材を選ぶべし

窓サッシの形状や素材は、取り付ける場所に適したものを選ぶことが暮らしやすい住宅づくりにおける重要なポイントです。
もちろんガラスの種類、窓に合わせるカーテン・ブラインドの選び方によって断熱性や採光性などの機能も変わってきます。
窓は「部屋が明るくなればいい」「換気できればいい」という漠然とした目的だけで取り付けるべきではない、非常に奥深い世界の広がる建材と言えます!

当社でも縦すべり出し窓や横滑りだし窓を使用し入居者さんの住みやすさを考えた部屋を作っています。

最後に縦滑り出しを使ったシエスタデュオ一橋学園コンテムセオの動画をどうぞ

住みやすいお部屋にするための設備の記事はこちら

この記事を書いた人
浦野 瞳
「建てる」カテゴリの最新記事