部屋探しで得するのはどっち?仲介会社と管理会社の見分け方をお教えします!

不動産会社には、仲介会社管理会社があります。

両社は、担当業務が異なります。

大まかに言うと、部屋を探している段階と入居後で関わる会社が変わります。

引っ越しでお部屋を探すとき、賃貸住宅で設備故障が起きたときに得する情報です。

仲介会社と管理会社の違い

仲介会社 管理会社
部屋を探している方とオーナー様・管理会社の間に入り、契約に関する業務を行います。

 

  • 物件情報の広告掲載
  • 物件の紹介・案内
  • 契約手続き

など

大家さんの代わりに賃貸住宅を管理します。

 

  • 設備トラブルやクレーム対応
  • 家賃の集金
  • 定期清掃
  • メンテナンス(リフォームの提案含む)

など

仲介と管理が一括の不動産屋もあります。

弊社は、仲介も管理も担当しています。

仲介会社と管理会社の見分け方

ポータルサイトの物件情報の「取引態様」をチェックしてみてください。

たとえば、SUUMOは「物件概要」に取引態様の欄があります。

ホームズは「物件詳細情報」、アットホームは「その他物件情報」にあります。

「仲介(媒介)」と書いてあれば仲介会社、「貸主」「代理」と書いてあれば管理会社が扱う物件の可能性が高いです。

内見で管理会社が分かることもあります。

たとえば、管理会社の名前の書かれた看板がある、管理会社からのお知らせが掲示板に貼ってあるなどの時です。

管理会社が分かれば、案内してもらっている不動産屋が管理もしているかいないかはっきりします。

仲介と管理が別の会社のメリット

仲介会社に部屋探しをお願いすると、多くの物件から比較検討しながら物件を見つけられます。

入居者の募集が専門の仲介会社は、扱う物件数が多いためです。

仲介と管理が同じ会社のメリット

  • 住みたい街で気に入った物件が見つかりやすい
  • 質問への回答が早い
  • 仲介と管理が違う会社よりも安く部屋を借りられる可能性がある
  • 入居後に関わる管理会社について入居前からチェックできる

それぞれの理由を詳しくご説明します。

住みたい街で気に入った物件が見つかりやすい

住みたいエリアの優先度が高い方は、仲介もやっている管理会社との取引をおすすめします。

管理会社で紹介できるのは、自社で管理する物件が中心です。

しかし、地域密着型で、管理物件のある地域に詳しいので、住みたい街でお得な物件を見つけやすそうです。

質問への回答が早い

仲介と管理が同じ会社だと、契約と住宅設備のどちらの問い合わせにもすぐに答えてもらえます。

仲介と管理が違う会社だと、回答をもらうまでに時間がかかるケースがあります。

たとえば、内見時に設備の質問をするなどです。

仲介会社に管理会社が担当業務する内容の問い合わせがあったら、仲介会社は管理会社に確認してから回答するためです。

仲介と管理が違う会社よりも安く部屋を借りられる可能性がある

仲介と管理が分かれている場合よりも安く部屋を借りられることも期待できます。

仲介手数料などの割引があることが多いためです。

入居後に関わる管理会社について入居前からチェックできる

仲介会社と相性が良くても管理会社と悪ければ、契約前は親身だったのに、入居したら対応が悪くなったと感じるかもしれません。

一方、仲介も管理も同じ会社なら、入居後の対応を安心して任せられそうか確認できます。

質問やトラブルどっちに相談する?

仲介と管理が別の物件の検討・入居をしている場合、聞きたいことで問い合わせ先が変わります。

部屋探し、契約に関することは仲介会社にお問い合わせください。

物件の設備、入居後のトラブルは、管理会社がお答えします。

契約前の疑問は仲介会社、住んでからは管理会社に確認すると覚えておくと良いです。 
 

仲介会社への問い合わせ例 管理会社への問い合わせ例
  • 希望条件に合う部屋を見つけてほしい
  • 家賃や契約内容で分からないことがある
  • 入居審査や契約時に必要な書類を知りたい

など

  • 設備の使い方で聞きたいことがある
  • 設備が壊れたので対応を教えてほしい
  • 退去通知したい

など

賃貸生活をサポートする2つの会社

仲介会社は、契約に至るまでのお手伝いをします。

管理会社は、入居者様の暮らしを快適にします。

仲介会社と管理会社は、賃貸契約に関わるか住み始めてからに関わるかは異なります。

しかし、部屋を探す方・住んでいる方のことを考えているのは共通です。

日生リビングシエスタは、部屋探しから物件管理まで、責任を持って担当いたします。

この記事を書いた人
星脇 まなみ