私達の住まいを守る大事な屋根。稲垣商事「ICひらぶき スーパーヒランビーきわみ」のご紹介

「アパートを守る屋根は重要!」という事で、前回はKMEWのカラーベスト「コロニアルクァッド」についてご紹介しました。

今回も引き続き、シエスタシリーズ で採用した屋根をご紹介します。

その名も「稲垣商事」さんの「ICひらぶき スーパーヒランビーきわみ」です。

錆びに強い屋根材として確立したガルバリウム鋼板

現在住宅用に使われている屋根材の種類は主に、スレート材・ガルバリウム鋼板・日本瓦・トタンと全部で4種類あります。

ご紹介する「ICひらぶき スーパーヒランビーきわみ」はガルバリウム鋼板です。

ガルバリウムとは亜鉛・アルミ・シリコンを組み合わせた合金の事です。そのガルバリウムでメッキを施した鉄(鋼板)の建材を「ガルバリウム鋼板」と言います。

ガルバリウム鋼板は約40年前に登場し急速に広く普及しました。それは一体何故でしょうか。

ここまで広く普及した大きな理由が「錆びにくさ」です。秘密は表面のめっき(膜)の成分の違いにあります。

それまで主流だったトタンのめっきは「亜鉛」のみでした。しかしガルバリウム鋼板のめっきは「アルミニウム55%・亜鉛43.4%・シリコン1.6%」と複数の原料が使用されています。アルミニウムの耐食性が加わる事で長期間錆びが拡張しにくい建材へと変化を遂げたのです。

ガルバリウム鋼板の特色

錆びに強いだけではありません。錆び以外の特色も盛りだくさんです。

①軽いので耐震性が高い

ガルバリウム鋼板の重さはスレートの5分の1、瓦の20分の1ととても軽量です。地震の際、屋根の重量が軽いほど揺れに強いので、耐震性に優れた建材と言えます。

②熱反射性が良好

ガルバリウム鋼板の表面は反射率が大きいため、表面の温度上昇が少なくすみます。屋根に使用した場合、室内の温度上昇防止に大きな効果を上げ、屋根材として優れた効果を発揮します。

③優れた耐熱性

ガルバリウム鋼板は先ほどもお伝えした通りアルミニウム含有率がめっき成分重量比55%、容積比では80%と高めです。したがってアルミめっき鋼板に近い優れた耐熱性を持っています。このため②の熱反射性と合わせてオーブントースターや炊飯器にも利用されています。

④形状の自由度が高い

薄い金属板であることから、ガルバリウム鋼板はさまざまな形に成形する事が容易です。さまざまな形状の屋根に対応可能で自由度が高い屋根材と言えます。

最強の断熱材が搭載されている屋根

ガルバリウム鋼板の取り扱いをしているメーカーさんは多数ありますので、実際に屋根を選ぶ際は迷うところですが・・・弊社が採用している「稲垣商事株式会社」さんは大正13年に創業した老舗中の老舗なんです。

そんな老舗店の人気商品の一つが「ICひらぶき スーパーヒランビーきわみ」なんです。

裏面にガラス系繊維で作った断熱材を取り付けているのが特徴です。そのガラス系繊維断熱材は「カルフォミクス」と言い、以下の通り優れた特性を持ってます。

①熱伝導率は0.03W /m•℃、夏季の屋根表面温度上昇から住まいの室内環境を守る

②耐熱性に優れ100℃の雰囲気の中でも熱収縮が起きないので、発泡プラスチック系断熱材のように熱痩せして断熱性能が低下する事もない

③素材自体に遮音性能があるため、金属屋根特有の雨音を軽減

このように断熱性や遮熱性、更に遮音性がより優れています。

そして艶消し素材を使用している為、周囲に光が反射せずに周囲の環境に調和します。ガルバリウム鋼板特有の光沢感が苦手な方にはぴったりの商品です。

住宅・別荘・店舗・レジャー施設・コミュニティーセンター・体育館・ドライブインなど幅広い新築・増改築の建物にご利用頂けます。

縦葺きと横葺きとは?

「ICひらぶき スーパーヒランビーきわみ」は縦葺きです。

ここで「縦葺き?」と思われた方も多いかもしれません。聞き慣れない言葉ですよね!

屋根の外観がストライプ(縦じま)に見えるものが「縦葺き」

ボーダー(横じま)に見えるものが「横葺き」です。

縦葺きのほうが「雨水がスムーズに流れ、雨漏りの心配がない」「勾配が緩やかでも施工できる」等のメリットもあります。

一方で住宅密集地では日差し確保の関係で屋根面が多くなる傾向があり(シンプルな三角屋根が少ない)その様な複雑な屋根は施工のしやすさの点で横葺きが適しています。

安心安全を守る屋根

この様に「ICひらぶき スーパーヒランビーきわみ」は機能性が高く住居者を守る大事な役割を担っています。保証期間が15年と長い所も嬉しいポイントです。

屋根選び一つとっても少しでもこだわることで建物の耐久度合い、メンテナンスの手間など後々違いが出てきます。

全部自分で選んでいくのは大変です。当社では、オーナー様目線の手間の少なさと質を両方叶える賃貸住宅”シエスタシリーズ”を建築、運営しています。

▼屋根だけじゃなく木造住宅全体の成り立ちをこちらで紹介しています

この記事を書いた人
北川 まな